タグ : 地震

こどもからこどもへのメッセージ

Thank you so much for all your kind and thoughtful inquiries.
We created a special section for the message board – children to children.
This is where children can leave messages for children in Japan who are facing not only the tragedy of the earthquake, tsunami, and fire, but also the fear of nuclear radiation.
Many children lost their houses, their belongings, and their loved ones.

We have received letters from state government officials expressing their gratitude.
Most schools opened in temporary places (One elementary school finally re-opened two months after the quake).
Children in Miyagi, Iwate, and Fukushima were excited to read messages from all over the world.
We are told that children are glad to receive comforting, encouraging, and heart-warming messages.

Please put children’s age or grades as well as their name (no last name, please; nickname is OK)s in the message, so the children in Japan know that kids their age are cheering them on.

We have translators, who are happy to translate your message. So please do not hesitate to leave a message in any language.

  • Kids can still leave messages for rescue workers, fire fighters, and police officers in another page >>>
  • If you want to send pictures/images, contact us using the contact form.

Please see the following sample comment section on how to write a message to Japanese children.
After following the direction, you can leave the comments at the end of this page.


「コメントをどうぞ」means “Please comment here”.
「メールアドレスが公開されることはありません。」means “your email address is required, but it will not be published”.
Parents and teachers can put their email address here for small children.

「名前」means “name”.

「メールアドレス」means “email address”.

「ウェブサイト」means “website”. you can ignore this.

「コメント」means “comment”. This is where you write your comment.

「コメントを送信」means “send your comment”. You need to click this rectangle button.

「新しいコメントがついたらメールで通知」means “you want to be notified when new comment is filed”.
「新しい投稿をメールで受け取る」means “get a new comment by email”.
広告

応援:私たちにできる事 その2「ボランティア」

ボランティア

[お知らせ]

災害時のボランティア活動について

全国社会福祉協議会 Japan National Council of Social Welfare

自分自身で被災地の情報を収集し、現地に行くか、行かないかを判断することです。家族の理解も大切です。その際には、必ず現地に設置されている災害救援ボランティアセンターに事前に連絡し、ボランティア活動への参加方法や注意点について確認してください。
被災地で活動する際の宿所は、ボランティア自身が事前に被災地の状況を確認し、手配してください。水、食料、その他身の回りのものについてもボランティア自身が事前に用意してください。
詳細はこちら>>>

福祉救援ボランティアに参加しようと思った時

岩手県社会福祉協議会

「あなたは、家を離れて被災地のボランティア活動に参加できますか」から始まる質問に答えて、自分はボランティアをするべきか、自分に最適なボランティアの方法は何かを探ります。
質問に答える>>>

各県のニーズを知る

福島県 災害ボランティアセンターに関する情報
宮城県 災害ボランティアセンター
宮城県 仙台市災害ボランティアセンター
岩手県 災害ボランティアに関する情報
青森県 ボランティア・救援/支援関係

各市町村のニーズを知る

福島県
宮城県
岩手県
青森県

支援団体、個人情報

助けあいジャパン 募集中の一般ボランティア
内閣官房震災ボランティア連携室

企画官の田村太郎氏曰く、『被災地では、①泥かきや物資の仕分けなどの「体力系」、②子どもの遊びや学習支援、お年寄りの傾聴などの「プログラム系」、③外国語や手話の通訳、栄養指導、カウンセリングなどの「専門系」の、大きく分けて3つの種類のボランティア活動が必要となっています。災害ボランティアセンターなど被災地の「ボランティアコーディネート拠点」を訪問したり事前に相談するなどして、現地の状況に応じた活動を心がけましょう』

社会福祉協議会 都道府県
NPO支援センター 全国一覧
現地発 ボランティア(NPO・NGO等)情報ホットライン ヤフージャパン
現地発 ボランティア(NPO・NGO等)情報 goo
復興支援プラットフォーム
神戸市社会福祉協議会
東京ボランティア・市民活動センター

これは良いアイディア

ボランティアバスパック募集
宮城県災害ボランティアセンター(VC)では、被災者の方々へボランティアの皆さんのお力をお届けするために、ボランティアバスパックの募集を行います。ボランティアバスパックとは、ボランティア活動を希望される方々や団体が、それぞれの地域でボランティアを募り、バスを手配していただき、多くのボランティア活動者の力を、多くの被災者のもとへ届ける自己完結型のボランティア支援です。被災地の燃料事情や交通路の状況をご理解いただき、たくさんのボランティアの皆さまのご参加をお待ちしております。
1. 募集人数
バス1台につき、20名以上。上限はありません。
2. 募集期間
5月下旬まで
3. 活動内容
泥のかき出しや家屋の清掃、瓦礫の撤去などが主な活動になりますが、災害VCのニーズに合わせて活動していただきます。
4. 申込方法
申込者で活動希望者を募集いただき、20名以上(バス1台以上)でご参加願います。申込完了後、別紙様式のボランティア名簿を作成いただき活動先の災害VCへ、活動の前々日までにご送付願います。
5. ボランティア保険
申込者が各自、それぞれの地域の社会福祉協議会等でご加入のうえご参加願います。
6. 活動先
県内各市町村災害VCからのニーズに合う活動先を調整するため、活動先の決定は宮城県災害VCに一任いただきますようお願いをいたします。被災地のニーズ、申込状況により、市町村災害VCのボランティア募集は逐次、現地の要請により変動いたします。よって、お越しになっても活動いただけない場合もございますので、ご了解願います。
7. 準備物等
バス(必要な燃料の確保を含みます)、必要な着替え、食事・宿泊場所(現地では確保が困難なため)、角スコップ、軍手及びゴム手袋、長靴、マスクなどをご準備願います。
8. 申込方法、申込先
宮城県災害ボランティアセンターまで、ファックスでお申し込み願います。お申し込み後、本センターよりご連絡(FAX)を申し上げます。(下記 申込フローをご参照ください)
☆宮城県災害VC ファックス:022-266-3953 電 話 :022-266-3952

学生の方へ

東北地方太平洋沖地震に伴う学生のボランティア活動について(通知
文部科学省 Ministry of Education

被災地等でボランティア活動を希望する学生が、安心してボランティア活動に参加できるよう、下記の諸点にも配慮して、引き続き学生への指導等をよろしくお願い申し上げます。
 ボランティア活動参加者に対し、補講・追試の実施やレポートの活用による学修評価、休学した場合のきめ細かな履修対応などを通じ、学生がボランティア活動に参加しやすい環境作りに配慮すること。
 各大学等の判断により、ボランティア活動が授業の目的と密接に関わる場合は、ボランティア活動の実践を実習・演習等の授業の一環として位置付け、単位を付与することができること。
 ボランティア活動のため休学する場合、その期間の学費の取扱など学生の便宜のための必要な配慮を図ることが考えられること。
詳細はこちら>>>

ボランティア活動に持っていく物の参考

これは、あくまで参考ですし、日帰りか泊まりか、ボランティアを行う時期によって内容も変わってきます。

【リュックサック又はウェストポーチ】
アウトドア専門店で背負うのが楽な物、ベルトがしっかりした物を選ぶ。ボランティアの内容によっても違います。

【服装など】
帽子又は、ヘルメット。
防塵マスク。
首に巻くタオルかスカーフバンダナ。
下着は通気性の良い物。泊まりで何日か行く場合でも、同じ物を着用するであろう事(少量の水で洗ってすぐ乾く物(アウトドア専門店にある)も便利だが、現地で水がなく洗えないかもしれない)を考慮。
軍手又は、長いゴム手袋。
長袖長ズボン、重ね着。ジャケットは通気性、今なら、保温性のあるもの。雨具。
靴は、通気性が良く水を弾く底の厚いもの。行く前に履き慣らしておく事。所によっては長靴が必要。
コンタクト着用の人は眼鏡に変えること。ゴーグル。

【食べ物】
飲み水。アウトドア専門店にあるエネルギー バー、グラノラ バー(カロリーメイトみたいなもの、サプリメント)、ゼリー状の栄養補充もの等。クッキー。フリーズドライやレトルト食品。飴。塩味のついたナッツ。ドライフルーツ。

【身の回り品】
消毒薬(アルコールパッズや除菌もの)、絆創膏、痛み止めや風邪薬、うがい薬、目薬。ウエットティッシュ、ティッシュペーパー。ジップロック、ビニール袋、ゴミ袋。携帯トイレ。
泊まりの時は石けん、歯磨き(水無しでできるもの)、タオル、懐中電灯、ラジオ、寝袋(虫が出る季節は顔・頭ごとすっぽりの虫除けネットも助かりました。寝袋から出た顔に虫がきて眠れなかった事が前あったので)、余裕があればエアマット。

これらの物を持ちすぎると荷物が重くなりますから、何事もバランスを忘れないでください。

備考:アメリカでは破傷風の注射をしますが日本ではどうなのでしょう?

地震に備えて : 防災・避難グッズ おすすめ参考リスト

希望の光:まだできる! 日本!其の3

2011年3月21日

岩手県山田町の避難所で小学生が肩もみ NHKニュース

震災から10日がたち、疲れが見え始めたお年寄りたちの健康を気遣って、同じ避難所にいる小学生10人余りが、「肩もみ隊」と名付けたグループを結成して避難所の中を回ったそうです。
自分たちもたいへんだろうに、それでも他の人達を気遣う、うれしく心あたたまるお話です。
日本の将来もこのような子達がいれば、安心して任せられます。

東北地方太平洋沖地震にひどくうたれた後、このように希望が持てる、日本人が努力をしているサイト、写真、ビデオ等ありましたら、お教えください

[関連ストーリー]
希望の光:まだできる! 日本!
希望の光:まだできる! 日本!其の2

希望の光:まだできる! 日本!其の2

2011年3月20日

「壊れた家の隙間やがれきの下に必ず生存者はいる。何日経とうが関係ない」(警察)
「必ず生きていると信じていた」「あきらめないとは偉大なことだ」(父親)

地震発生から9日めに阿部任(じん)さん(16才)と祖母寿美さん(80才)が倒壊家屋から救助されました。
この被災地からの朗報は、孫と祖母の家族愛と共に、救助をあきらめない、宮城県石巻署の清野陽一巡査部長、佐藤秀一巡査、春日大策巡査、千葉知洋巡査の信念があったからです。

記事 『奇跡の生還、孫「おばあちゃんが中に…、助けて」 警官が救出劇明かす』 産經新聞

任さん、寿美さん、ご無事でなによりです。ゆっくり静養なさってください。
宮城県警の皆さん、あきらめないでくださって、ありがとうございました。

東北地方太平洋沖地震にひどくうたれた後、このように希望が持てる、日本人が努力をしているサイト、写真、ビデオ等ありましたら、お教えください

[関連ストーリー]
希望の光:まだできる! 日本!
希望の光:まだできる! 日本!其の3

希望の光:まだできる! 日本!

被災者の方々や、救助活動にあたっている方々へのメッセージ

2011年3月18日
今日、ラジオ番組でインタビューをされた時、最後に
「日本の将来どうなるんでしょう?」
と聞かれて、
「大丈夫です。こんなにたくさんの人が被災地の方々を想い、何かをしようとしているのですから」
と応えました。

それから間もなく、内田真木さんから、うれしいコメントが届いたのです。

あまり役に立たないコメントなのですが、心を痛めている方たちと少しでも、希望の光を分け合えたらと思って掲載することにしました。
http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h23/0316f/
常磐自動車道の復旧作業の模様が写真で見えますが、地震でめちゃめちゃに壊れた高速道路が、わずか四日で、元どうりに!やっぱり日本は、凄い!

真木さん、ありがとうございました。

地震、津波を逃れた方々に少しでも届きますように。

東北地方太平洋沖地震にひどくうたれた後、このように希望が持てる、日本人が努力をしているサイト、写真、ビデオ等ありましたら、お教えください

[関連ストーリー]
希望の光:まだできる! 日本!其の2
希望の光:まだできる! 日本!其の3

伝える言葉:救助活動ありがとうございます Messages for Rescue Workers

たいへんなお役目、本当にありがとうございます。
あなた方も辛いであろうに。
心から、感謝しています。
私たちが助けに行けない分、よろしくお願い致します。
尊い命、ひとつでも多く、救ってあげてください。

これまでのメッセージをまとめて見やすくなったサイトができました >>> http://okurukotoba.com
【贈る言葉:あなたを想っています】は こちらから>>>
【こどもからこどもへのメッセージ】は こちらから>>>
【伝える言葉:救助活動ありがとうございます】は こちらから>>>

贈る言葉:あなたを想っています Messages for Disaster Victims

こわかったね、と 両手をにぎってあげたい。
たいへんだったね、と 頭をなぜてあげたい。
つらかったね、と 抱きしめてあげたい。

私たち、ここにいるから。

がんばって、なんてりきんだ事いえない。
でも、あきらめないでほしい。
私たちも、あなたをあきらめないから。

これまでのメッセージをまとめて見やすくなったサイトができました >>> http://okurukotoba.com
【贈る言葉:あなたを想っています】は こちらから>>>
【こどもからこどもへのメッセージ】は こちらから>>>
【伝える言葉:救助活動ありがとうございます】は こちらから>>>

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。