About

消息不明の友人をどう捜していいかわからず、一日中ウェブをサーフしましたが混乱するばかり。
これでは苦しんでいる多くの人に申し訳ないと、泣くのをやめてわかりやすいサイトをつくる事にしました。
たくさんある情報をまとめ、それぞれ青森県、岩手県、宮城県、福島県と県別に分けました。少しでもお役に立てばいいのですが。
常時情報を加えたく思います。何か新しい情報わかりましたら、どうかコメントの方で御教えください。

亡くなった方々のご冥福を心よりお祈り致します。
被災地各地で避難されている皆様に、一刻も早く支援の手が差し伸べられ、一人でも多く救出される事を願ってやみません。

2011年3月13日

My close friend was one of the victims of the disaster in Miyagi prefecture.
I searched the web for two days to find my friend, but he was nowhere to be found. Out of respect for the sufferers, I decided to stop crying and began constructing this site.
I’ve gathered as many kinds of information as possible about the earthquake and separated them by different prefectures (Aomori, Iwate, Miyagi, Fukushima). I hope this will be useful to you in anyway.
The information is being constantly updated; however, I cannot do this without your help. Please post anything that is new without hesitation.
From the bottom of my heart, I pray that those who lost their lives or relatives in the disaster may find peace.
I wish everyone who are at the shelters will receive the help they need so dearly, and that the ones who are missing will swiftly be found.

 
3月11日14時46分頃に三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生しました。
この地震により宮城県栗原市で震度7、宮城県、福島県、茨城県、栃木県で震度6強など広い範囲で強い揺れを観測しました。また、太平洋沿岸を中心に高い津波を観測し、特に東北地方から関東地方の太平洋沿岸では大きな被害がありました。気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名しました。
ー 国土交通省 気象庁 Japan Meteorological Agency

ちなみに、「東日本大震災」と朝日新聞・毎日新聞、「東日本巨大地震」と読売新聞、「東北関東大震災」とNHKは、呼んでいます。

サイトを運営しだして22/8、ほとんど寝ずに、大切で必要な情報を、シンプルで見やすくまとめてきたつもりです。
毎日、ひとりでも多くの方に役立つよう心掛けてきましたが、どこかで、そのことによって私の友人の生きている可能性を高めたい、と望んでいたのかもしれません。
毎日、何回か友人の消息を調べるのですが、わかりませんでした。
避難者名簿の名前を辿り、見つけた、と思いきや、友人の姓と同じ方と、名前の同じ方をなぜか一緒にして読んでいました。疲れた眼には、もうよく見えず、こういう残念な憶いをした事もあります。
亡くなられた方の名前を辿る時は、心臓が止まるかと思うような緊迫感がありました。
無事かもしれない、という情報が入りましたが、確かかどうか、未だに消息がわかりません。

2011年3月20日

Sleeping two hours a night for eight consecutive days has allowed me to compile a great deal of information, which hopefully will allow readers to get a clear picture of events. My strong desire to find my friend alive must have manifested itself in creating this site to help the victims of this disaster. There were times when I thought I saw his name on the list, but it was my tired eyes playing tricks on me, reading two separate names but conveniently putting them together.
When tracing the names of those who died, my heart was frozen in the face of the possibility of seeing his name there.
I have received a little piece of information that he might be alive, but it has not been confirmed.

友人の無事が確認できました!
壊滅状態の場で生きているのが奇跡、ということでした。
一緒に心配してくださった方、祈ってくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。
うれしくて、急に力が抜けました。いっきに疲れを感じます。

私のように生存の知らせを心から待っていたにも関わらず、訃報が届いた方達に何と言っていいかわかりません。ひとりで喜んでしまってすみません。

今までお役に立ててきたことを願って。

2011年4月18日

*お知らせ*
このサイトは更新されていません。
このサイトすべてを消去しようとも考えたのですが、今でもどなたかのお役に立っているようなのでしばらくは残します。
いつの間にかワードプレスの広告がサイト主の意思に関係なく勝手に入るようになっていました。
サイト主は広告を出していません。

広告
現在コメントは受け付けていません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。